交通事故で骨折した場合にやるべき事


交通事故で骨折した場合にやるべき事



自動車による事故というのはいつ何時自らの身に起こる可能性というのは存在します。
実際に事故にあったときにはしっかりと対処する知識が必要になります。事前の知識があるないで、相当結果が変わってくることが多いのが現実です。
自動車に乗っていた時の追突事故であっても自らの体と車がぶつかったときにおいての対応方法として、
まったく症状のない状態であったとしてもきちんと整形外科に通院することが大切です。
それは軽い事故であっても首の骨がずれることでのむち打ちならまだ良いのですが、
骨折によっては本来重いはずなのに事故の衝撃で脳がパニック状態によって
例えばどこかの部位の骨が折れているのに、事故直後というのは痛みを感じないことが多いのです。
しかし、数日〜1週間後とかになって、冷静になったそのあとに痛みを発することが多いです。
次にきちんと整形外科に通院を通院する必要性として、
その事故の原因となった相手方に損害賠償を請求するときに必要となるためです。
先にも言ったとおり、骨折によっては本来重いはずなのに事故の衝撃で脳がパニック状態によってたとえ骨が折れていても痛みを感じないことが多く、
事故直後に病院にいって治療を受けないこともあるのですが、
加害者(保険会社の場合もあります)との交渉で、
病院に行っていいないと、病院にいくまでもなかった怪我でしょ、と言われることがあります。
また、その後も、もう病院にいって治療をする必要がないと加害者側が判断するとそこで治療費を打ち切ってきてもう払わないと言われることもあります。
そのころになって初めて病院に行くと、今度は事故とは関係のない怪我だとまで言われることがあります(因果関係といいます)。
交通事故で怪我をしたときの対処法としては、
たとえその瞬間は軽い事故だと思っても、相手に病院に通院すると言ってから、事故状況の記憶が鮮明であるうちに警察にその場で連絡したり、

(その時急用などで急いでいて相手や自分の予定が合わないなら相手側に自らの連絡先を伝えます)
まずは痛みを病院に言って伝えて、きちんと治療を開始することがとても大事です。
また、もし怪我がある場合は、後々を考えて交通事故弁護士に相談に行くことも必要です。
もし後遺症が残った場合、後遺障害等級認定というのを後で受けることになりますが、その時に不利になりがちな被害者の味方をしてくれます。
ただ、加害者側も事件を受けているような交通事故弁護士ではなく、被害者側専門の例えばここの交通事故 弁護士に相談にいくと良いでしょう。
医学的知識が豊富で実績もあり、安心だと思います。


--------------->>---menu---<<--------------
交通事故に遭った場合の損害賠償の請求方法
和解について
むちうちの痛みがひどい・・・
交通事故 対物
交通事故で骨折をした
交通事故に強い弁護士はネットで探すのが良い
交通事故に遭った場合(ある交通事故被害者の体験談)
事故の後遺症が痛む
自動車の保険の種類
自動車保険の契約

-----------------------------------------------

c2001-2016 交通事故 弁護士, All rights reserved.