交通事故に遭った場合の損害賠償の請求方法|交通事故で骨折した場合にやるべき事


対物、対人に関わらず交通事故に遭った場合の損害賠償請求は基本的には相手方に請求するものですが、
相手が任意保険に加入している場合にはその任意保険会社との折衝となります。
ただ、現在の任意保険には多くの場合が訴訟や賠償請求に関して専門家といえる弁護士が代理人となる特約がついていますので、
相手が任意保険に加入していると弁護士との折衝となることが一般的であると申せましょう。
弁護士は依頼人の利益のために動くものですので、相手方にどれだけ過失があったとしても、
簡単にその過失責任を認めることはないと思っておいた方がよろしいのではないでしょうか。
そこで、自分も任意保険に加入し、弁護士特約をつけておくことがいざという時のためには大変重要になってきます。
法律関係の専門家ならばともかくとして、多くの場合は複雑で煩多な法律に則った折衝というものは一般の人間には難しいものと申せます。
相手が代理人として弁護士をたててきたならば、こちらも弁護士をたてることが損害賠償請求をするにあたって無難です。
ただ、相手が任意保険に加入していると一見こちら側が不利のようにとらえられるかもしれませんが、
相手が任意保険に加入しているからこそ保険会社や弁護士との折衝で正当な損害賠償請求が可能であり、
いざという時に備えて自分も任意保険に加入しておれば、事故当事者同士の折衝ではなく、
煩雑な手続きなどもすべて代理人に任せられますので安心です。
相手が任意保険に加入していない場合には、さらに複雑な折衝を当事者同士で行わねばなりません。
そういう際にも自分が任意保険に加入しておればその折衝を保険会社に任せられますので、その後のトラブルの心配もなくなります。
交通事故はいつ被害者や加害者になるかわからないものです。
万一、という時のために任意保険に加入しておくことが安心であることは間違いのないことと申せましょう。

c2001-2016 交通事故 弁護士, All rights reserved.